どーも!るとあです!

今回はPUBGモバイルにおけるiPad 4本指プレイヤーのボタン配置について私の設定をご紹介したいと思います。

と言っても私はゴリゴリに強いプレイヤーではないので参考程度にご覧ください。一応シーズン6はこの設定でアジアソロのエースになれました!




【PUBGモバイル】iPadの4本指ボタン配置

私が使っている端末はiPad Pro 10.5インチですが、ボタン配置はこんな感じです。(iPadは手に持ってプレイしています)

ぱぶじーが上手い人が見ると「射撃ボタンとかADSボタンとかデカいな!」と思うのかもしれませんねw

私は手先が不器用で押し損ないが多いタイプなのでこのサイズでやってます。射撃ボタンとか縦に2つ並べて使ってますからね。(こんなやつでもソロのエースになれましたw)

で、使っている指を簡単に説明すると下記のような感じでやってます。

【左手人差し指】射撃、しゃがみ

【左手親指】移動、運転(乗車)、下車、復活、回復アイテム使用

【右手人差し指】ADS、投げ物キャンセル、左右リーン

【右手親指】方向転換、リロード、銃持ち替え、ジャンプ、バッグ、投げ物、ドア開閉、伏せ、スコープ切り替え、物資取得、スコープ倍率変更、視野変更など

ちなみにジャンプはパルクールボタンのみを使っています。本当は普通のジャンプも使った方が窓の外からジャンプ撃ちとかしやすいんでしょうけど、私はあれもこれもできないタイプなので。

あと、投げ物キャンセルボタンとADSボタンを重ねているのはワザとです。グレネードやスモークを構えた状態でADSすることはないのでこのように配置しています。

欲を言えば、ジャンプボタンは親指ではなく左右どちらかの人差し指を使ったほうが良いのかもしれませんね。私はこれで慣れてしまいましたが、右手親指にはできるだけ仕事を与えないほうが良いという話を聞いたことがあります。

というわけで、これからiPadに変えようと思っているプレイヤーはよければ参考にしてください。

【追記】ジャンプボタンを採用した配置

上で紹介したボタン配置に少し変更を加えました。(2019年7月現在)

これが今のボタン配置です。変わったところは、ジャンプボタンを追加して左右リーンボタンの配置を変更しました。

今までジャンプはパルクールボタン1つのみで行ってきましたが、やはり窓越しや塀越しではジャンプ撃ちができたほうが強いということでパルクールボタンに加え普通のジャンプボタンを右手人差し指のエリアに追加しています。これで不必要にパルクールして倒されるケースが減りました。

また、左右のリーンボタンはADSボタンのすぐ下に配置しました。右リーンボタンはADSボタンのすぐ下にあると意識し、右手人差し指を少し曲げて押します。左リーンボタンはそのすぐ左にあると覚えれば左右のリーンがスムーズにできます。

個人的にこの配置は結構しっくりきてます。少しでもiPad手持ち4本指プレイヤーの参考になれば幸いです。

追記】この4本指の配置では最近流行りの「屈伸腰打ち」(腰打ち中にしゃがみを入れてヘッドラインをずらす技術)に対応できません。

おすすめの解決策は以下の2つです。

  1. 画面左側にあるしゃがみボタンを画面右側のどこかに移動する。
  2. 5本指プレイヤーになる。(左3本、右2本)

ちなみに私は今の配置を変えず、通常時は4本指で、超近距離のみ5本指(中指で射撃、人差し指でしゃがみ)という特殊な操作方法に行き着きましたw

まだ初心者の方は今のうちに1の方法で慣れてしまったほうが良いと思います!しゃがみボタンを画面右側のどこかに移動させるだけでOKです!

YouTubeに動画をアップしてます!

最近はYouTubeに動画を投稿しています!

よければチャンネル登録おねがいします!!!

【関連記事】
【PUBGモバイル】iPad用おすすめ感度設定(ジャイロなし&手持ち4本指プレイヤー)

【PUBGモバイル】スマホでおすすめの3本指ボタン配置(設定例)

【PUBGモバイル】スマホでおすすめの4本指ボタン配置(設定例)

野良スクワッド(VCなし)のみでエースに到達 ‐ 立ち回りなど気をつけた点

征服者が教えるPUBGモバイルを初心者が最速で上達する方法

PUBGモバイルでおすすめのiPad4選