ドラゴンクエストライバルズは新弾がリリースされてからOTKデッキが流行ってますね!

私も勇者ソロを採用したOTKククールを使ってます。

先月のライバルズ杯もあまり時間が取れなくてダイヤモンド5でフィニッシュしてしまいましたが、今回の記事では私がシーズン終了前の2日間でプラチナ5からダイヤモンド5まで爆速で駆け上がったククールのデッキをご紹介したいと思います。




勇者ソロ採用の冒険者OTKククールデッキ

こちらが勇者ソロ採用のOTKククールデッキ。

序盤は「おおドラキー」や「とつげきこぞう」「グレンデル」「ブラッドレディ」「シーゴーレム」などで耐えながら「勇者ソロ」のレベルを上げていきます。ちなみに「キメラ」を採用している理由は相手の「シーゴーレム」対策です。

基本的に「勇者ソロ」は6ターン目までにレベルMAXにして7ターン目に『導かれし者たち』を発動。8ターン目に冒険者ユニットをいっきに展開して「ふしぎなタンバリン」でOTKを決めていく流れとなります。

その際、8ターン目にテンションをMAXにしておけば「ビアンカ」のスキルリンクを発動して敵リーダーにプラス3ダメージを与えることが可能です。

あと、「精霊の矢」は一枚だけ採用してます。OTKするターンで相手ユニットを除去しても良いですし、6ターン目また7ターン目に使えそうなら使っても良いと思います。

それから、なにげに「テンツク」を1枚採用しています。タイミングが良ければ「シーゴーレム」や「フォレストドラゴ」を床に置いて強化することが出来ます。

ということで、OTKソロククールを使ってみたい方はご参考にどうぞ!