本日3月22日、ドラゴンクエストライバルズがリリースされて2回目のナーフが実施されました。

今回はどんなカードがナーフの対象となったのでしょうか。

早速見ていきたいと思います。




2018年3月にナーフ(下方修正)されたカード

いたずらもぐら

(変更前) コスト1 攻撃力1/体力2
効果:テンションリンク:攻撃力+1

(変更後) コスト1 攻撃力1/体力1
効果:テンションリンク:攻撃力+1

キャットバット

(変更前) コスト3 攻撃力2/体力2
効果:召喚時:このユニットの前後に
キャットバットを出す

(変更後) コスト3 攻撃力2/体力1
効果:召喚時:このユニットの前後に
キャットバットを出す

ようじゅつし

(変更前) コスト5 攻撃力3/体力6
効果:自分が特技を使う度
ランダムな敵1体に2ダメージ

(変更後) コスト6 攻撃力3/体力6
効果:自分が特技を使う度
ランダムな敵1体に2ダメージ

早詠みの杖

(変更前) コスト0
効果:このターン中 次に使う特技カードのコスト-2

(変更後) コスト1
効果:このターン中 次に使う特技カードのコスト-3

たたかいのドラム

(変更前) コスト5
効果:全ての味方ユニットの攻撃力+1
スキルブースト:攻撃力+1

(変更後) コスト7
効果:全ての味方ユニットの攻撃力+1
スキルブースト:攻撃力+1

はがねのそろばん

(変更前) コスト2 攻撃力1/耐久力2
効果:スキルブースト:攻撃力+1

(変更後) コスト4 攻撃力1/耐久力2
効果:スキルブースト:攻撃力+1

2018年3月に上方修正されたカード

クリフト

(変更前) コスト5 攻撃力3/体力4
効果:召喚時:ランダムな2マスにいる
敵ユニットを死亡させる

(変更後) コスト5 攻撃力3/体力6
効果:召喚時:ランダムな2マスにいる
敵ユニットを死亡させる

セーニャ

(変更前) コスト10 攻撃力3/体力6
効果:召喚時:対戦中に死亡した
味方ユニット1体をランダムに復活させる
スキルブースト:+1体

(変更後) コスト9 攻撃力3/体力6
効果:召喚時:対戦中に死亡した
味方ユニット1体をランダムに復活させる
スキルブースト:+1体

武術:飛びげり

(変更前) コスト1
効果:ユニット1体の位置を前後入れ替える

(変更後) コスト0
効果:ユニット1体の位置を前後入れ替える

感想

トルネコとゼシカがナーフされるというのは予想通りですね。もうこの2キャラとばかり対戦し過ぎて正直飽きが来てましたから良かったです。

ククールとアリーナの上方修正も良かったんじゃないでしょうか。とくにククールは新弾後からちょっと弱過ぎた気がします。ククール好きとしてはありがたいです。

いたずらもぐらとキャットバットのナーフは完全にアグロ対策ですね。私もテリーのアグロデッキをたまに使っていますが、いたずらもぐらは結構厳しくなりました。メラゴーストにすぐやられちゃいます。

キャットバットはテリーの貫通やゼシカの らせん打ちがすぐ飛んでくるので元々使ってませんでしたが、HP1にナーフされたら余計使えませんね。ジャガーメイジの格好の餌食となってしまいますから。

さて、トルネコとゼシカのカードがナーフされてこれからどんな環境になるのでしょうか。ピサロが無傷というか、なにも変化がなかったので使用率が上がるかな?ゴンズをナーフしてほしいなんて声もチラホラ耳にしましたが、それはどうなんでしょうね。ゴンズが使えなくなったピサロってなんかつまらなさそうな気もしますし、環境のバランスを保つのは大変ですね。