2018年7月度の新レンジャーが登場しました!

今回新たに登場したのは「サポーターコニー」と「警告審判デーン」でした。ワールドカップ期間中にぴったりのレンジャーですね。

仕事が忙しくてちょっと出遅れましたがレンジャーの特徴を簡単に見ていきたいと思います。




熱狂サポーターコニー

「サポーターコニー」は超進化すると「熱狂サポーターコニー」に変身します。

「熱狂サポーターコニー」の1つ目の特徴は『敵軍生成妨害』アビリティです。これは「戦いのアテナジェシカ」や「ワンダーダイナソーコニー」にも付いているアビリティなんですが、相手レンジャーの生成を妨害して再出動を遅らせる効果があります。今、ランキングトップ層で流行ってる戦い方ですね。

2つ目の特徴は第一スキル「応援歌」のスキル命中率30%アップ(10秒)でしょうか。たしか氷河が33%アップ(7秒)だったと思いますが、同じくらいの効力を持ってます。

あと「応援歌」ではスキル発動率50%アップ (10秒)と持続ダメージの解除も可能です。

もちろん第2スキル「熱心なファンのブーイング」も優秀で、敵の持続回復妨害やスキル範囲を50%ダウンさせることができます。

攻撃スキルがありませんが物理攻撃力がすごく高くて敏捷タイプなので持っている装備によっては決定打仕様にするのもありかもしれませんね。それができなければ硬くしてスキル発動率をあげてサポート役に徹するとか、『敵軍生成妨害』狙いでミネラルコストを抑えて大量に出動させるとか、使い道はいろいろ考えられそうな気がします。

警告審判デーン

続いて「警告審判デーン」。こちらは超進化で「冷徹な審判デーン」に変身します。

「冷徹な審判デーン」も「熱狂サポーターコニー」と同様に『敵軍生成妨害』アビリティを持っています。敵軍生成妨害用のパーティー編成を組むなら一員として採用するのもありだと思います。

また、第2スキル「試合再開」にダヴィンチサリーのコピー対策が可能な『敵に召喚されるスキルに抵抗 (7秒)』が付いてます。ただこのスキルは射程距離が90以上のレンジャーにしか届かないっぽいです。なので、「犬夜叉」や「張飛」「ゼウスブラウン」「ダイナソーコニー」あたりには届きません。そのあたりまでコピーガードを届かせたい場合は「星矢」や「殺生丸」が必要になってきますね。

それから、「試合再開」には防御力アップも付いているので最近流行り気味の範囲通常攻撃の対策をしたい方に少しは役立つかもしれません。

 

とりあえず今月は限定キャラではないので私はスロースタートになってます。ですが、できれば26日くらいまでに「サポーターコニー」はゲットしておこうと思ってます。

【関連記事】LINEレンジャー:最強キャラランキング(評価点数順)